銅加工90年の実績。銅加工・産業用電池・ステンレスなど難加工材料の複合加工は

サイトマッププライバシーポリシーお取引についてお問い合わせ
 =Creative Power= HARIKI Metal Industry Co., Ltd.  胴加工90年の経験と実績!胴・ステンレス複合加工の問題解決工場[榛木金属株式会社]

トップページ > 特徴 > 銅加工、表面処理のスペシャリスト

特徴業界別解決提案技術情報製品情報設備情報実績会社案内

銅加工、表面処理のスペシャリスト

銅加工90年の歴史が的確なソリューションを実現します!

当社では難切削の銅加工に長年携わってきました。
銅ブスバー、銅板、銅棒、鍛造品、鋳造品の加工を行います。
また特殊な表面処理は当社独自の技術で対応しています。

写真:銅板加工
【銅板加工】

写真:表面処理
【表面処理】

写真:深穴加工
【深穴加工】

写真:圧着端子
【圧着端子】


当社は車、オートバイのバッテリーからビル、発電所、電波中継基地などの非常用電源装置まで、小型、大型電池の接続部品を製造しています。
接続部品には主に導電性の高い銅が使われますが、加工が難しいとされています。

当社は小型のものは銅棒からの切削品、または銅ブスバー・銅板からのプレス成形(成型)品を製作しています。
大型のものは鍛造、鋳造加工品を製作しています。

製品構成の中でも重要部品に位置する当社の製品は、独自の加工設備で納期、品質、価格に応えてきました。

近年電源装置の長寿命化が進み、おのずから部品にも高い耐久性が求められています。
当社は日本でも数少ないはんだメッキ、鉛メッキ処理において、技術提携しています。
特に錫6割に対し鉛4割のはんだメッキは独自のもので高耐久性を実現しています。

▲このページの先頭へ