銅加工90年の実績。銅加工・産業用電池・ステンレスなど難加工材料の複合加工は

サイトマッププライバシーポリシーお取引についてお問い合わせ
 =Creative Power= HARIKI Metal Industry Co., Ltd.  胴加工90年の経験と実績!胴・ステンレス複合加工の問題解決工場[榛木金属株式会社]

トップページ > 設備情報 > NC自動旋盤

特徴業界別解決提案技術情報製品情報設備情報実績会社案内

■ 本社
〒544-0002
大阪市生野区小路1丁目19-1

■ 本社工場
〒577-0004
東大阪市稲田新町3丁目10-5
Tel:06-6744-2735
Fax:06-6746-1618
E-Mail:info@hariki-net.co.jp

お問い合わせフォームへ: お問い合わせ、お見積等、何でもお気軽にご相談ください

NC自動旋盤

写真:NC自動旋盤 【BNE34S】

写真:NC自動旋盤
【NC旋盤内部】


機械名称:BNE-34S

最大加工径:φ34
標準加工長さ:120mm

特徴

BND-34Tの後継機種。
従来機2台分に相当する2スピンドル+2タレット複合旋盤です。
L/R両スピンドルでの同時加工により生産性が向上しました。
4m用バーフイーダーと自動キャッチャーがついているので長時間自動運転が可能です。

 

写真:NC自動旋盤【BND34T】


機械名称:BND-34T

最大加工径:φ34
標準加工長さ:220mm

特徴

1スピンドル+2タレット複合旋盤です。
内外径の同時重複切削や外径と内径バランスカットによる高能率加工が可能です。
BND-34Tと同じく4m用バーフイーダーと自動キャッチャーがついているので長時間自動運転が可能です。

 

機械名称:TSC-1

最大加工径:φ100
標準加工長さ:90mm

特徴

一番古いNC旋盤ですが、少量品やバー材以外(鋳造品など)の切削で活躍しています。
NC入門機として最適です。

 

写真:NC自動旋盤 【LX-06】


機械名称:LX-061

最大加工径:φ150
標準加工長さ:250mm

特徴

2004年3月導入。
高剛性ターレット加工。
冷間鍛造品や高硬度部品の加工に向いています。

 

▲このページの先頭へ